歯を白くきれいにしたい~審美歯科・ホワイトニング~

銀歯が気になる方にはセラミック治療がおすすめです

保険診療でむし歯を治す際に使用される補綴(ほてつ)素材といえば、銀歯(銀合金、金銀パラジウム合金)です。「必要最低限の治療」という保険診療のコンセプトから考えれば銀歯でも十分かもしれませんが、この銀歯という素材には大きな難点が2つあります。

銀歯のデメリット

  1. 1 見た目がよくない(白い歯のなかで目立ってしまう)
  2. 2 イオンが溶け出すことで歯ぐきが黒ずんでしまう
  3. 3 金属アレルギーのリスクがある

諏訪市、岡谷市、松本市、上伊那郡から通える「鈴木歯科医院」では、銀歯に代えてセラミック素材を使うことで、審美性・機能性の両面から銀歯のデメリットを解消しています。

金属アレルギーの問題

「金属アレルギー」と聞くと、アクセサリーが原因と思われるかもしれません。しかし、補綴治療に用いられる銀歯にも、金属アレルギーを引き起こすリスクがあることがわかっています。

金属アレルギーになると、肌がただれたりかゆくなったり、頭痛や目まいなどの体調不良を引き起こしたりします。セラミックをはじめとするメタルフリー素材や、チタンなど生体親和性の高い素材を使用することで金属アレルギーの発症を抑えることができますので、金属アレルギーに不安がある方は、当院までご相談ください。

当院では、歯科技工士が常駐しています

当院では、常駐の歯科技工士が直接患者様のお口をチェックして技工物を製作します。そのため、色調や形状など、より患者様に合った質の高いものを短期間でご提供できます。修正・調整が必要な場合にも、すぐに対応可能です。

取り扱い素材・技工物紹介

オールセラミック
【概要】すべてセラミックでできています

見た目
耐久性

【メリット】

  • 透明感のある色調で、審美性に優れている
  • 時間が経つことによる劣化・変色の心配がほとんどない
  • 細菌が付着しにくいので、むし歯のリスクが低い
  • 歯質との結合性が高いので、むし歯菌が侵入しにくい
  • 金属アレルギーの心配がない

【デメリット】

  • 値段が比較的高価
メタルボンド
【概要】内側が金属で、表面にセラミックを焼き付けた被せ物です

見た目
耐久性

【メリット】

  • セラミックの審美性と金属の強度を兼ね備えている
  • 割れにくく、どの歯にも適用できる
  • 内部に貴金属を使えば、金属アレルギーのリスクを抑えられる
  • セラミックのなかでは比較的安価

【デメリット】

  • 金属イオンが溶け出すおそれがある
  • 金属アレルギーのリスクがある
  • 内部の金属が薄く透けるので、やや審美性で劣る
ポーセレンラミネートベニア
【概要】板状にしたセラミックを歯の表面に貼り付ける方法です

見た目
耐久性

【メリット】

  • 色や形を短期間で修正できる
  • 変色に強い
  • 歯を削る量が少なく済む
  • ホワイトニングできない歯も白くできる

【デメリット】

  • 歯を削る必要がある
ファイバーコア
【概要】被せ物の芯の部分。支柱にガラス繊維強化樹脂を用います

見た目
耐久性

【メリット】

  • 自然の歯の象牙質に近く、弾性がある
  • 歯が割れにくくなる
  • 上から透明感のある被せ物をつけても目立たない
  • 再治療を行うときに除去が比較的簡単
  • 金属アレルギーの心配がない

【デメリット】

  • 歯の状態によっては使用ができない場合がある
メタルコア
【概要】被せ物の芯の部分。支柱に金属を用います

見た目
耐久性

【メリット】

  • ほとんどの症例で使用可能
  • もっとも一般的に使用される素材
  • 保険適応なので費用が抑えられる

【デメリット】

  • 象牙質より硬い金属を使用するため破折するリスクがある
  • 再治療の際に除去が困難
  • 被せ物の素材により中の金属が透ける場合がある
  • 金属イオンが溶け出し、歯肉が黒ずむことがある
  • 金属アレルギーのリスクがある

症例紹介

※画像はクリックすると拡大します。

症例1
症例2
症例3
症例4
症例5
症例6

黄ばみが気になる方はホワイトニングがおすすめです

歯はカレーやコーヒー、紅茶などの飲食物、また喫煙や加齢などによって少しずつ白さを失ってしまいます。いくら毎日丁寧にブラッシングをしていても、こうした着色を取り去ることはなかなかできません。

専用の薬剤を使ってそうした歯の黄ばみや着色を取り除き、白さを取り戻すのがホワイトニングです。歯を削る必要がないので、痛みもありません。ホワイトニングであなたの理想の白さを取り戻しませんか?

白い歯が与える印象

白い歯と黄ばんだ歯が人に与える印象の違いについて並べてみました。以下をご覧ください。

白い歯
黄ばんだ歯
  • 清潔感を与える
  • 相手をさわやかな気持ちにさせる
  • 相手に若さを感じさせる
  • 肌の色も白く見える
  • 顔全体が明るい印象になる
  • 清潔感が失われる
  • 疲労感を感じさせる
  • 実年齢よりも老けて見える
  • 肌や口元がくすんで見える
  • メリハリがなくぼんやりした印象になる

相手に与える印象は重要です。最近では大事な商談を控えるビジネスマンの方や、面接を行う就職活動中の方がホワイトニングを利用するケースが増えています。

ホームホワイトニング~自分のペースで白くする

ホワイトニングには、歯科医院で処置を行う「オフィスホワイトニング」とご自宅で好きなときに処置ができる「ホームホワイトニング」があります。当院では、ホームホワイトニングをおすすめしています。

まず、当院で患者様のお口に合ったマウストレーを製作します。その後、ご自宅でこのマウストレーに薬剤を入れ、お口にセットしていただくだけ。効果が現れるのに多少の時間はかかりますが、一度白くなったら色が後戻りしにくい、というメリットもあります。

ホワイトニングの注意点

ホワイトニング処置前

  • 対象は自然歯のみ。詰め物・被せ物は白くなりません
  • 着色の原因が抗生物質などの薬剤の場合、効果が現れにくいことがあります
  • 妊娠中の方または18歳未満の方にはおすすめしません

ホワイトニング中

  • 医師の指示に従って、正しいやり方で薬剤を管理・使用してください
  • マウストレー装着前に、歯のブラッシングを丁寧に行ってください
  • マウストレー装着中に、飲食・喫煙はしないでください
  • 実施期間中は、カレーやコーヒーなど色の濃い飲食物や喫煙は控えてください
  • 万一痛みや違和感があれば、すみやかに処置を中断し、医師にご連絡ください

ホワイトニング実施後

  • 効果を持続させるために、正しい方法でブラッシングしてください
  • 定期的に歯科医院で効果をチェックしましょう

症例紹介

※画像はクリックすると拡大します。

症例1
症例2
症例3
症例4

歯の見た目にもこだわりたいなら鈴木歯科医院へ
電話予約はこちら 0266-41-0009

Page top